「痛みに飲んで効く」は、誇大広告じゃないの?

疑問
テレビCMなどで目にすることの多いリョウシンJV錠ですが、「痛みに飲んで効く」と宣伝しているのですが、このような断言をしてもいいの?薬事法について少し詳しい人はそう思うのではないでしょうか。

 

そんな疑問を持った人のために、ここではリョウシンJV錠と薬事法の関係について詳しく説明します。

 

薬事法って何?

 

リョウシンJV錠と薬事法の関係について説明する前に、薬事法にあまり詳しくない人のために、簡単に薬事法について説明します。

 

薬事法の正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」です。あまりにも長過ぎるため一般的には薬事法と呼んでいます。

 

薬事法は医薬品や医薬部外品、化粧品、そして医療機器と再生医療等製品の品質や有効性、安全性を確保するための法律です。

 

簡単にいえば、薬や医療機器などが誤った使われ方をするのを防ぐことで、使用者の安全を守るための法律だと考えてください。

 

そして、薬事法の中には誇大広告や虚偽の広告を記述することを禁じている項目があります。

 

例えば化粧品などは「美白効果があります」と表現するのはNGなどといった、一定のルールが定められています。

 

化粧品は「防ぐ」という表現がNGとなり、医薬部外品であれば「治す」という表現がNGです。「防ぐ」や「治す」という直接の表現だけでなく、それを連想させる表現もNGです。

 

健康食品などの場合は、体の変化を言い切るようなこともNGなのですが、それではリョウシンJV錠の「痛みに飲んで効く」は問題ないのかということに繋がります。

 

リョウシンJV錠は医薬品

リョウシンJV錠
「痛みに飲んで効く」は誇大広告ではないかと思うかもしれませんが、実はリョウシンJV錠は第三類医薬品です。

 

「第三類」については後述しますが、医薬品ですので効能や効果を明示することが認められています。

 

もちろん承認を受けた効能や効果を逸脱して広告をすることは認められていませんが、国から承認された効能や効果を利用して宣伝を行うことは問題ありませんので、リョウシンJV錠は「痛みに飲んで効く」という表現を使うことが許されています。
だったら効果があるという証拠をホームページなどで例示すべきと思うかもしれませんが、実は臨床データや実験例を例示すると、そのことによって安全性の誤解が生じる可能性があるため、公開してはいけないことになっています。同様に使用体験談も掲載できません。

 

リョウシンJV錠は医薬品として国に認定されたことで、すでに国のお墨付きがあるのだと考えてください。薬事法上はまったく問題ありません。

 

第三類医薬品って何?

 

リョウシンJV錠は第三類医薬品として認定されていますが、それでは第三類医薬品とはどのような医薬品なのかについて最後に説明しておきましょう。

 

医薬品はその副作用や相互作用の影響の大きさから第一類?第三類医薬品にまで分類して管理されています。

 

第三類医薬品はその中でも最も安全性の高い医薬品です。副作用も相互作用も少なく、インターネットや通販での販売が認められています。

 

医薬品は基本的に効果がある反面、副作用が伴います。その副作用の危険性がほとんどないとされているのが第三類医薬品ですので、第三類医薬品のリョウシンJV錠はとても安全性の高い医薬品ということになります。

 

なおかつ国に認可されたものですので、「痛みに飲んで効く」と言い切ることもできるのです。医薬品ですので、薬が合う人もいれば合わない人もいます。

 

そのため、効果を感じられないという人も出てきますが、それでもリョウシンJV錠は効果があると認められている医薬品であるとい